ストレスを溜めない人は、仕事をする為に休む

ストレスは、とりわけ人間関係によるものがほとんどです。 人と関わる事で、喜び、楽しみを感じる反面、怒り、悲しみ、苦しみ、を感じ、イライラしたり、落ち込んだりして それが精神的負担となり、ストレスとなって、あなたの心に蓄積されてゆきます。 日本人の美徳とされる、我慢・忍耐・辛抱…。ストレスを溜めている人は「休む事はいけないこと」「怠けること」と思い込んでいるのでは? 出来ない事を、いつまでたっても一人相撲していては、自身の成長が停滞するため、ストレスをひたすら溜め続けるのです。 ストレスと上手く付き合う為には、「休むこと」。完全なOFFの時間を作ることで、自分と向き合い自分を取り戻す事ができます。 落ち着いて自分の時間を持ち、自分と向き合うことで、何が原因であったか、どうすべきだったか、見直すことで、見つかる答えがあるのです。

究極の癒しの時間。温泉一人旅に出よう!

完全なOFFの時間と言っても、家でゴロゴロしていてはストレス発散にはなりません。 自分と向き合うには、思い切って「一人旅」に出るのがオススメです。 中でも、一人で訪れる温泉旅は、究極の癒しの時間になります。 家を出た瞬間から、旅は始まります。 バスや電車に揺られながら景色を見る時間、移動は片道1時間程度でも充分です。 話し相手のいない一人旅の場合、その時間も貴重な自分との時間になります。 温泉についたら、早速ザブンと一風呂行きましょう。 温泉に浸かったら、水流に身を任せてしまします。宇宙の無重力空間にいるような、また、大海原で気持ちよくプカプカ浮いているような感覚で、目を閉じて水音に耳を澄ませば、脳波がα波になる為、究極のリラックス効果があります。 心細く退屈かもしれませんが、本当の自分と対話が出来、自分を取り戻すことができるはず。 ほんの少しの勇気を出して、週末には温泉旅に出かけてみてはどうでしょう。